ライフプランという戦術
ライフプランという戦術

ライフプランという戦術

長谷部選手の画像

海外でのプレーが、人生の転機になった。

海外でのプレーが、人生の転機になった。

人生の転機は、
ライフプランを考えるタイミング。

人生の転機は、ライフプランを考えるタイミング。

人生のターニングポイントのひとつが「結婚」。新しい門出となる結婚には、想像以上にお金がかかる。また、結婚式の費用の他にも、新生活を始めるための資金も必要だ。より良いスタートにするために、しっかりと準備しておこう。

結婚資金について詳しく知る

リンク先へ飛ぶ
長谷部選手の画像 長谷部選手の画像

自分がホームとするチームは、自分を活かし成長できる場所。

自分がホームとするチームは、自分を活かし成長できる場所。

ホームとなる場所は、
できるだけ良い環境を整えたいもの。

ホームとなる場所は、できるだけ良い環境を整えたいもの。

生活の拠点である「家」も同じように、できるだけ良い環境を整えたい。自分にとっても家族にとっても最高の家とするためには、事前のプランニングが大切。マイホームの購入には特に大きなお金が必要となるので、どのくらいの資金が必要か、いつ頃から、どのように準備していくかなど、具体的に考えておこう。

住宅資金について詳しく知る

リンク先へ飛ぶ
長谷部選手の画像

次の世代を育てることも今の自分の役割。

次の世代を育てることも今の自分の役割。

将来を見据え、
じっくりと時間をかけることが大事。

将来を見据え、じっくりと時間をかけることが大事。

子どもが将来、望む道に進んだり、夢を実現したりすることを後押ししてあげるために、必要となる資金の準備はなるべく早めにスタートしたい。スタートが早ければ早いほど、準備期間が長くなり、家計への負担を減らすことにつながる。「将来を見据え、じっくりと時間をかけること」を心掛けよう。

教育資金について詳しく知る

リンク先へ飛ぶ
長谷部選手の画像 長谷部選手の画像

生涯ずっと、いろんなことに挑戦しつづけていきたい。

生涯ずっと、いろんなことに挑戦しつづけていきたい。

最高の人生にするために、
今できることがある。

最高の人生にするために、今できることがある。

若いうちは今の生活のことで手いっぱいで、老後のことまで考える機会は少ないけれど、先を見据えるのも大切なこと。今のうちから将来の計画をしておくことで、色々なことに生涯通してチャレンジしていくこともできるはず。最高の人生にするために今できること、生涯の資金計画を考えよう。

老後資金について詳しく知る

リンク先へ飛ぶ

試合の勝敗は、始まる前に
大部分が決まっている。

試合の勝敗は、始まる前に大部分が決まっている。 長谷部選手の画像

何事もプランを練って
準備しておくことが、大切だと思う。

人生の三大資金を知っていますか?人生の中でまとまったお金が必要となる「住宅資金」、「教育資金」、「老後資金」のこと。サッカーと同じように、人生もプランを練って準備しておくことが大切。特に大きなお金の準備は見通しを立てて早めに動き出そう。

ライフプランを詳しく解説。
パンフレット ダウンロードは
こちら

自分で描く未来予想図のパンフレットをチェック

あなたのライフプランをシミュレーションしてみよう

そもそも貯蓄だけでは足りない?投資も戦術のひとつに加えてみよう。

そもそも貯蓄だけでは足りない?投資も戦術のひとつに加えてみよう。

「これからの時代、お金は貯めておくだけよりも運用した方が良いと聞くけど、投資などの積極的な運用には元本割れのリスクがあるし、なかなか手が出せない」という方も多いはず。たしかに投資からは、リターンが得られる可能性がありますが、リスクもあり、場合によってはせっかくの資産が減ってしまうこともあります。投資は「自己責任」が原則なので、最終的には自分自身で判断しなければなりません。それでも短期ではなく長期的に運用したり、分散して投資することでリスクを軽減することもできます。たとえば、短期間で売買するのではなく5年、10年といった長期的な観点で運用することで、収益を安定化させたり、国内だけでなく、海外の株式や債券などを組み合わせて運用することで、損失を抑える効果が期待できます。また、購入時期を分散して定期的に一定額ずつ買い続けることで、平均購入単価を下げる効果が期待できるドルコスト平均法といった方法もあります。さあ、ライフプランに必要な資産運用をもっと詳しく知っていきましょう。

「定期預金」「分散投資」の収益比較(平成7年~平成27年金融庁試算)

「定期預金」「分散投資」の収益比較(平成7年~平成27年金融庁試算)

大切なのは「長期運用」と「分散投資」。基本を押さえて、ライフプランの戦術を練ろう!

大切なのは「長期運用」と「分散投資」。基本を押さえて、ライフプランの戦術を練ろう!

詳しい資料はこちら

リンク先へ飛ぶ 詳しい資料をチェック

投資商品ってどんなものがある?

投資商品ってどんなものがある?

資産運用には色々な方法があります。投資信託、株式、個人年金保険、外貨預金など、異なる特徴を持つ商品がたくさんあるので、まずはそれぞれがどんな商品なのかを知ることが資産運用の第一歩。あなたのライフプランに合った商品を組み合わせて賢く運用する、それがまさに戦術になります。

投資商品の種類と特徴を知るならこちら

リンク先へ飛ぶ

さっそく資産運用してみたい!と思ったら資金運用に役立つ制度をチェック。

さっそく資産運用してみたい!と思ったら資金運用に役立つ制度をチェック。

非課税の特典を活かしながら資産形成ができる制度が「NISA」、「つみたてNISA」、「iDeCo」です。
「NISA」は、投資商品を売却して得た利益や受け取った配当に課せられる20.315%(※)の税金がかからない制度。年間の投資額に上限があるなど、条件はあるものの税金がかからない分、有利に運用できる可能性があるというもの。「つみたてNISA」は、年間一定額までを定期・定額で積立てて運用できる制度。長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託が対象となっていて、手数料も低いので、初心者でも始めやすいのが特徴です。「iDeCo」は老後資金の準備に適した制度。60歳になるまで掛け金を拠出して、自分で金融商品を選び、老後に向けた資産形成を行えます。掛けた金額の全額が所得控除となり、税制上のメリットは大きいですが、原則60歳までは引き出しができません。
運用は価格変動によって元本が増える場合もあれば減る場合もあります。運用商品や制度によっては費用がかかりますので、しっかりとリスクと費用を把握することも重要です。幅広く情報を収集して、ライフプランへの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
※分離課税の場合(復興特別所得税を含む)

「NISA」についてもっと知りたい

リンク先へ飛ぶ

「つみたてNISA」についてもっと知りたい

リンク先へ飛ぶ

「iDeCo」についてもっと知りたい

リンク先へ飛ぶ

パンフレットを無料でプレゼント!